INTRODUCTION -設楽農園-

【設楽農園~ShidaraFarm~】は先代の設樂晋が太平洋戦争終了後、梨栽培で既に歴史と実績のあった八千代市の梨農家の方々に御指導を受け、二十世紀、長十郎、八雲等の栽培を始めました。
その後、時代の流れとともに幸水、豊水、新高、愛宕の栽培に切り替え現在に至ります。只今、既存の4種の他に様々な品種の栽培に取り組み中です。

青菅小学校の東側にある当園の畑は高台に位置し水はけの良い果樹栽培に非常に適した土地です。当園の梨は成長剤を使用せず樹が持っている力を最大限に生かし樹上でしっかり完熟したもののみを収穫しています。
長年培ってきた歴史と経験、先代から伝わるこだわり、そして良質の土地で育った梨の味には自信を持っています。

当園は佐倉市の端ですが、発足時より「八千代市梨業組合」に属し「八千代梨」のブランドで販売しております。
場所が非常にローカルなところですので知る人ぞ知る地元の人たちに支えられている梨園です。
ぜひ一度、梨園にお越しいただき 採れたての梨をご賞味ください。

※写真の家は〈設楽家住宅〉で、現存する茅葺屋根の住居としては千葉県最古の慶安年中(1650年)築と言われています。

image5

image

img_1209

img_1896

img_1900

【八千代市梨業組合ホームページ】
http://yachiyo-chiba.mypl.net/mp/pear_yachiyo/?sid=26305

【八千代梨梨園マップ】
上高野エリアにて「設楽梨園」の位置を確認することができます。
http://yachiyo-chiba.mypl.net/special_pages/?cmd=pear_yachiyo