準備と対策。

雨が延々と続いています。

雨もさることながら毎日のように強風が吹いています。

この強風により枝が折れたり、実が落ちたりと。

今年の6,7月の日照時間は過去10年で下から3~4番目。

雨の多さ、強風による落果や傷、そして日照不足…。

シーズン開幕前に生育に不安が募る日々です。

そして不安といえば今年はコロナウイルスによる感染症。

直売所での対面販売が主になるので

来店してくださるお客様への安全、そして従業員の安全。

すべてが完璧に完全に対策!とまではいかないかと思いますが出来る限りの対策はしていくつもりです。

直売所がオープンするまでの間に収穫準備と別にコロナ対策の準備もしっかりしていこうと思います。

今年も畑の主が顔を出してくれました。


情報共有・交換

先日、県内の梨産地に視察に行ってきました。

同じ県内、同じ作物を作っているのですが

それぞれの環境、人によって個性や違いが出るのがおもしろいです。

また、同じ県内ということもあり共通の課題や問題も抱えています。

近年の異常気象、そして流行の感染症。

そこに対する解決方法なども話をすることも出来、非常に有意義な時間を過ごせました。

情報共有・交換は非常に大事な資産です。

天候が悪い中、迎え入れてくれた園主さんに感謝です。


梅雨。梅雨。梅雨。

梅雨ど真ん中。

雨、雨、雨の日々。

なかなか作業が出来ず進捗状況が芳しくありませんが今は梅雨。

ちゃんと雨が降ってくれることに感謝です。

ただ、梅雨のシトシト雨ではなくゲリラ豪雨のような猛烈な雨だけは勘弁です。

身の危険すら感じるほどです。

貴重な晴れ間をぬって作業を進めて行きたいと思います。

先日、地域限定の新聞冊子ですが当農園主のインタビュー記事が載りました。

見開き1ページに大きく取り上げていただきありがとうございます。


袋掛け

梅雨の晴れ間に行っているのは「袋掛け」

当農園では晩生種、遅くに収穫する品種のみ袋掛けをしています。

長い間、樹の上に成っているので実を守るために袋での防御が必要になります。

ただ、袋掛けをすることで風の抵抗を大きく受けまだ軸が安定していない今の時期に強風が吹くと…

多くの実が落下してしまいます…。

今年も案の定、強風にて100個ほど…。

落ちてしまったことは仕方のないことです。

どんどん進んでいくしかありません!!

早生品種のブルーベリーが食べごろになりました。

早速収穫して食後のデザートとして食します。


栄養補給。おいしくな~れ。

草刈りで綺麗になった畑。

今はぐんぐん成長している梨の成長期。

成長期にはしっかり栄養補給をしてあげないといけません。

樹一本一本手作業で撒くのは結構しんどい作業なのですが

「おいしくな~れ」という思いとともに頑張ります。

去年の冬に集めた落ち葉もそれなりに分解が進んでだいぶ土っぽくなってきました。

体積もだいぶ少なくなってきました。

切り返そうとするとデッカいミミズが大量に。

彼らの頑張りがあれだけの落ち葉を土に変えてくれているんですね。

米ぬかを少し足してもっともっと分解を促します。

庭のトマトが少しずつ実ってきました。

こちらも楽しみです。


試練はいきなりやってくる。

「このまますくすくと成長してもらいたい」

と前回の投稿で言ったそばから強烈な雨雲が突如やってきました。

少し恐怖を感じるぐらいの強い雨、そして何より怖い「雹」

この大きさの雹が10数分間降り続けました。

降っている間はただただ被害がないことを祈るのみ。

自然の猛威に対しては見守ることしかできません。

雹の被害は今成っている実を傷つける、栄養を作り出す葉っぱを傷つける、来年の花芽を傷つける…

5月半ばに畑全体に防災網を張っていたお陰で大きな被害には至りませんでしたが

この時期一番怖い天災です。

草ぼうぼうになった畑の草刈りをしました。

雨が降って、夏日の陽射しが出るとあっという間に草が伸びます。

下草が綺麗に刈られた畑は気持ちいいです!!

きっと1か月後ぐらいには元に戻っちゃうんでしょうね…。


すくすくと

雨の日が続いたと思ったら暑い日がやってくる。

季節の変わり目なのかコロコロと変わる天候が続いています。

小さかった梨の実は少しずつ大きくなってきています。

このまま何事もなくすくすくと大きくなっていってもらいたいのですが…

なかなかそんな甘くないのが自然です。

出来る限りを尽くして守っていきたいと思います。

ブルーベリーもうまく結実してくれました。

あとは色付くのを待つのみです。

カタツムリものそのそと動き回っています。

梅雨入りも近いのかな。


ネットで覆う。

春を過ぎたら畑全体をネットで覆います。

この時期に多い雹や強風、実が大きくなってくると食べにくる鳥たちから梨を守るために

今月頭にこの辺りでは雹が降りました…。

小さな梨の実に無数の傷が付き多大な被害を受けた梨農家も近隣にいました。

幸いにもうちはそこまでの被害はありませんでしたが雹は実も傷付け来年の花芽も傷付けてしまう本当に恐ろしい天災です。

今までは業者の方にお願いしていた網張ですが今年からは自分達だけで行うことに。

網張は高所作業が伴うので安全第一です。

鉄線に引っかかって網が切れたり紐を引っ張りすぎて切れたりしないように

慎重に慎重に、でも大胆に…。

全体をしっかり覆い、紐をしっかり固定したら完成です。

収穫が終わるまで畑を守ってください‼

なんだかんだ全部の工程を終えるまでに丸2日間。

結構時間かかっちゃいましたね。

そして畑にネットがかかると「いよいよ」という気持ちになりますね。


今が大事なとき

今の時期は新たな枝「新梢」がぐんぐん伸び出し、葉っぱも広がり、実も大きくなる時期。

樹が活発に動き出している時です。

それは苗木も一緒のこと。

ぐんぐん伸びた枝が風などでポキっと折れてしまわないように

もっともっとぐんぐん伸びてもらうように

竹で支えてあげます。

樹形をしっかり作りどんどん成長してもらうために

苗木には手間を惜しみません。

これから10年、20年、30年とずっと頑張ってもらうためには

最初の5年が大事。たぶん…。

頑張って大きくなってくださいね。

畑では実の選抜「摘果」が続いています。

皆さんのもとに美味しい梨をお届けできるよう今からしっかり準備していますよ。


ゴシゴシ掃除。

3月に接木した場所から続々と枝が伸びてきました。

全部成功!!!

とは言いませんが今年もなかなかの成功率で一安心です。

当園は畑に水を引いているわけではないので

管理作業に必要な水を確保するために貯水槽が設置しています。

これから何かと水が必要になってきます。

ですので年に一度の貯水槽掃除。

藻や泥、葉っぱなどで汚れでしまうのでゴシゴシとブラシで擦ります。

五月晴れが気持ちいい梨畑です。