どんどれ焼き

1月14日は毎年、青菅では「どんどれ焼き」を行います。

江戸時代初期から続く歴史と伝統のある小正月の行事です。

竹を組んだ大きなやぐらに火をつけて

無病息災・五穀豊穣を祈願します。

去年、今年とコロナの影響で大々的には行えませんでしたが

大きなやぐらが竹の爆発音とともに燃え上がる姿は迫力満点。

どんどれの火で炙ったお餅を食べて1年の健康を

どんどれの火で炙った松の枝を家の門に立てることで火除けに

コロナが終息し日常がかえって来るように

今年の夏も美味しい梨がたくさん出来るように

しっかり祈願してきました。


雪の後は…。

数年に一度の大雪から一夜明けると…。

太陽の光がキラキラと反射する銀世界に。

畑も普段とは違う真っ白な世界に。

真っ白な雪で埋め尽くされていると

色んな足跡が…。

知らず知らずにいろんなお客がやってきているようです。

雪解けを待って畑仕事再開です。


雪化粧。銀世界。

雪…。

今年の冬は大雪が降るとは言われていましたが

とうとう来ました。

雪国の人たちからしたら日常なのかもしれませんが関東の千葉だとてんやわんや。

特に何の予定もなければすごく風情のある良い冬景色なのですが。

家の周りも田畑も一面雪化粧。銀世界。

もちろん梨畑も雪化粧。銀世界。

明日以降の仕事は明日の朝起きてから決めていきましょう。


2022。

あけましておめでとうございます。

2022年が始まりました。

昨年同様今年も皆様に美味しい梨をお届けできるように日々精進していきます。

天候不順や異常気象、獣害など農業を営む上で非常に厳しい環境に年々なっていきますが

最善を尽くして順応していければと思います。

2022年も設楽農園をよろしくお願いいたします。

「お正月にも食べれます」

と謳ってました愛宕梨。

ちゃんと食べてお正月を過ごしたいと思います。


総点検。

冬作業に入り農機械を使うことも少なくなってくるので

年に一度の総点検。

機械ってのは人力では到底出来ないスピードとパワーで仕事をこなしてくれます。

機械なしの農業は考えられないぐらい頼りっぱなしです。

ただ一度動きが止まると物凄い時間とお金の消費が…

そうならないために定期的なメンテナンスは大事です。

耕した畑が毎朝カチカチに凍るようになりました。

本格的な冬に突入ですね。


来年に向けての下準備

園内の葉っぱを奇麗にしたので1年間頑張ってくれた樹と土に栄養を。

来年もしっかり良い実をつけてくれることを願って。

畑全体に撒いたらこいつの出番。

こういう機械が出てくると一気に農家っぽくなりますね。

年一回の登場なのでいろんな角度からパシャリと撮ってしまいます。

トラクターによって踏み固められた土を柔らかくするのと同時に肥料や堆肥を混ぜ込んであげます。

機械ってすごいですよね。

あっという間です。

耕した後の畑はふかふかです。

落ち葉処理、垣根の整理、堆肥&肥料撒き、耕耘。

シーズン終了後の作業がひと段落つきました。

さぁいよいよ、冬のメイン作業「剪定(せんてい)」に入りますよ‼


干し柿用の渋柿あります。

今年もたわわに実りました。

渋柿。

甘柿と違って獲ってすぐに食べることはできませんが

皮剝いて干すことであまぁ~い干し柿に。

今年も渋柿をご用意出来ましたので

ご自宅で干し柿を作りたい方、ご連絡ください。

1袋(30個程度)1000円にて販売いたします。

なくなり次第終了となりますので

お買い求めの方はお早めにお願いいたします。


垣根を奇麗に

シーズン後の作業の一つに梨畑を囲んでいる垣根の整備があります。

梨畑の周りを垣根にすることで風や砂埃などから畑を守ってくれています。

ただ、垣根も植物。

生きていますので手入れが必要。

毎年言っていますが

外観が奇麗だと中で作っている農作物も美味しそうに見える…かな…はず…たぶん…きっと。

畑前は散歩で歩かれている方も多いので奇麗にしておいて損はないはずです。

畑全体を一周ぐるっと囲んでいますので結構大変なんです。

表側と裏側

バリカンで刈っていきます。

この時ばかりは農家ではなく造園屋さんの気持ちで頑張っています。

刈り終えた後の垣根はさっぱりしていて気持ちいいですね。


落ち葉堆肥

梨の樹はしっかり落葉しました。

去年集めた落ち葉は見事に堆肥として生まれ変わりました。

来年の落花生栽培に使用するために袋に詰め替えます。

そして今年も園内の葉っぱを集めて堆肥を作ります。

完全に落葉した幸水の葉っぱから奇麗にします。

ブロワーで集めて耕運機に乗せて園外へ

毎年言っていますがたかが葉っぱですが集まるとかなりの重量に

腰にきますね…

米ぬか混ぜてまた1年掛けて堆肥を作っていきます。

まだまだ園内には落ち葉があります。

残りの葉も落ち切ったところを見計らって園外に出していきます。

まだまだ腰に頑張ってもらわなければならないですね。

先週蒔いたライ麦は少しずつ芽を出してきました。

寒さに負けず頑張ってください。


落花生畑の下準備

梨畑の網上げを終えて冬作業のスタートを切ったわけですが

今年から栽培を始め皆様から大好評をいただいた落花生。

落花生を栽培していた畑も冬作業に入ります。

残渣を取り除き奇麗に整地。

そこに寒さに強いライ麦の種を蒔きます。

連作障害といって同じ品目を同じ場所で育てることで

病気や虫の被害が出やすくなってしまいます。

そこで冬の間にライ麦を育てることによって来年もこの畑で落花生を育てられるようになります。

春になって大きくなったらそのまま畑にすき込み緑肥として効果を発揮。

来年も美味しい落花生を皆様のもとにご提供できるための大事な作業になります。

日が沈むのが早くなりました。

梨畑からもまん丸な月が見えました。


千葉県佐倉市で60年続く梨園です。全国に採れたて新鮮な梨をお届けいたします。