shidaraf のすべての投稿

未来につなぐ

剪定時に古くなった樹を伐採しましたが

去る者があれば来るものもあります。

今年も新たに苗木を20本近く植えました。

新品種も4種植えたのでこれで12品種の梨が植わっていることになります。

植えてから実をつけて皆さんのもとにお届けできるようになるには5~6年先のことになりそうですが

それまで大事に大事に育てていきたいと思います。

こんな梨があるんだ??と皆さんを驚かせれるようになるといいですね。

ブルーベリーも新たに3本、新品種を植えてみました。

こちらは今年は少しだけでも皆さんのもとにお届けできればいいなと思っています。


春に向けてのメンテナンス

関東では春一番が観測されたそうです。

いよいよですね。春は。

剪定作業が終わり一段落ついたので

これから活躍の場が増える機械系のメンテナンスを。

機械の力を借りると作業は一気に片付きますが

機械が調子悪くなると一気に作業は滞る…

そうなる前に時間あるときにメンテナンスを。

これから暖かくなると出番が増えますからね。

ブルーベリーの花芽もだいぶ膨らんできました。

梨の花芽も心なしか膨らんできたかな。

開花まで1ヶ月切った感じですかね。


剪定の終了

12月から始まった冬のメイン作業「剪定」がようやく終了いたしました。

冬の間は毎年「いつ終わるのかなぁ」「春までに終わるのかなぁ」と愚痴や不安な気持ちが湧き出てくるものです。

でも、その分終わった時の達成感と安堵感はひとしおです。

剪定後の畑はすっきりしていて気持ちいいもんです。

そして、長年頑張ってきてくれた樹ともお別れを

20年、30年と働いてくれたことに感謝です。

あとは剪定枝を園外に持ち出してお片付けです。

今年は剪定枝を薪として利用したいというお声がけも頂き少しばかり皆さんのお役にも立てたかなと思います。


新たな武器

庭の梅も五分咲きといったとこでしょうか。

一度咲き始めると次々と咲き出して気づくと満開となって春になる。

年末から始まった剪定作業もほぼ終わりを迎え 少しゆとりが持てるように。

今年から新たなる武器が導入され今までよりも楽に剪定が出来るように。

片手でも持てる小型のバッテリー式チェーンソー。

太めの枝や幹を切り落とすのに今までは大きなノコギリをひたすら動かしてゼェゼェハァハァ言いながらやっていたのを これがあれば一息に。

バッテリー式なので音も静か。

人間、一度楽を覚えるともう2度と元へは戻れない…

今まで当たり前にやっていたノコギリ作業に もう戻れません。


色々な表情。

2月に入り暖かい日だったり 寒い日だったり

日替わりで季節がコロコロ変わっている感じです。

夕日が綺麗だったり

霧が立ち込めてたり

雪一色になったり

畑が色々な表情を見せてくれます。

こんな感じでどんどん春になっていくんでしょうか。

庭にはフキノトウがぽこぽこと顔を出してきました。

春の足音が聞こえてきました。


雪… そして、また雪…。

先週は雪が降った なんて呑気に書いていましたが

今度は3連休の土曜、月曜に雪が…。

まるで雪国かのように雪が降ってることが当たり前な感じに

雪が止んだ日曜日に剪定を行いましたが

雪国の梨農家さん、果樹農家さんはいつもこんな感じで作業しているんでしょうか

大変そうです。

竹林は雪が積もるとなんだか幻想的な雰囲気。

雪が積もると畑に色んな動物が訪れていることが分かりますね。


雪景色

毎年冬に一回は訪れる雪。

今年もしっかり訪れました。

大雪になってしまうと色々と困ってしまうのですが

このぐらいの雪だと風情があっていいですね。

まったく雨の降らない日が1ヶ月近く続いたのでいいお湿りにもなりました。

庭も畑も白い世界に。

ここから徐々に暖かくなってくるといよいよ春が訪れてくるのでしょうか。

花が咲くまでに終えなくてはならない剪定作業も少しずつ焦りが出てきたかも…。


剪定作業は続くよ…どこまでも…

12月から始まった剪定作業も2ヶ月弱経ちました。

まだまだ続くよ… いつまでも… どこまでも…

最近は冷たい風が強く吹き、暖冬といわれていた冬はどこへやら。

剪定作業をしていると鋭く尖った芽に…

!?

虫が…

これは噂には聞いていましたが「百舌鳥」の仕業ですね。

捕らえた虫を木の枝などに引っ掛ける習性があるみたいです。

保存食にしている、縄張りを示している、などなどいろいろな説があるみたいですが よくわかっていないらしいです。

この習性。

実際に目で見るのは初めてです。

この時期の外作業は夏の暑い日とは違う足先や手先がかじかむ寒い日ならではの大変さがありますね。


どんどれ焼き

毎年1月14日は私たちの集落では「どんどれ焼き」という行事が行われます

「 佐倉市指定無形民俗文化財 」に登録されている伝統的な行事です。

やぐらの中に竹筒がたくさん仕込まれており、勢い良く燃える中時折爆発音もあり迫力満点。

竹や栗の木にお餅を刺しどんどれの火で焼き、それを食べることで1年間の無病息災を願います。

1年に1回の行事です。今後も続いて行ってもらいたい伝統行事です。

畑では剪定作業がひたすら続いています。

空を見上げると虹が綺麗にかかってました。


干し柿作り

12月から始めていた干し柿作り

今年もうまく作れました。

収穫した渋柿を皮を剥いて庭先に干していきます

徐々に徐々に水分が抜けていきます

雨が降ったときは上からシートを被せて冬の乾燥した寒空に干し続けます

日に日にいい感じに

干すこと1ヶ月…

とうとう完成!!

年越しには間に合いました。

甘く出来た干し柿を食べながらお正月も過ごさせていただきました。