shidaraf のすべての投稿

どんどれ焼き

毎年1/14の小正月に青菅では「どんどれ焼き」というものを行います。

佐倉市の無形民俗文化財にも登録されており江戸初期から続く歴史ある行事です。

その年の無病息災・五穀豊穣を願って行われるどんどれ焼き。

農家にとっては健康も豊作もとても大事な祈願です。

大きな竹の櫓が火に包まれ中の爆竹がどーん‼と弾ける音は迫力満点。

今年もどんどれ焼きの火でお餅と松の枝を焼いて

お餅はご利益を得るために食べ、松の枝は火からお家を守るために家の入口に差しておきました。

今年も一年、平穏無事であることを願っています。


影響は続くよ…。

1月になりましたがなんだか暖かいのか寒いのかよく分からない気候です。

ただ、暖冬なのは確かですね。

この暖冬が梨の開花に影響を及ぼす可能性があります。

去年の台風被害により花芽が付きにくくなってます。

それに続き開花の遅れが出てくると…

シーズンが終わったらリセットされるわけではなく2年、3年と影響を受けるのが農業です。

年末に集めた落ち葉で堆肥を作るべく米ぬかと混ぜ合わせました。

また、今年も1年かけて堆肥にしていきたいと思います。


2020幕開け。

あけましておめでとうございます。

2020年が始まりました。

東京五輪開催年になりましたね。

今年は東京五輪の興奮冷めやまぬまま梨のシーズンに突入!!といった感じになるのでしょうか。

「今年が一番良かった!」と年末に言えるように精進してまいります。

設楽農園を今年もよろしくお願いいたします。


2019年おしまいです。

堆肥と肥料を撒き終えたので、畑の土を耕します。

手押しの耕運機なのでこれまたなかなか時間がかかります…。

そして、いよいよ始まる長い長い冬のメイン作業「剪定」が始まります。

始める前に復習と予習を。

果樹の農作業は1年に1回ずつしかそれぞれの作業を行わないので復習はとっても大事。

すぐ忘れちゃうので。

近所の梨農家が集まっての勉強会。

毎年、新たな発見があるものです。

今回得た技術と知識をしっかり活かして2020年も梨作りを頑張っていきます!!

今年もいよいよおしまいです。

春の寒さ、長梅雨、大型台風直撃、記録的大雨…

今年は農家さんにとって本当に辛い年に。

「いい勉強をさせてもらった」と気持ちを切り替え、今年の経験をしっかり今後の農業の糧にしていきたいと思います。

2019年本当にお世話になりました!

皆様よいお年を!!!


栄養と苗木。

落ち葉を園外に出した後は

土壌改良のために堆肥を、栄養をの為に肥料を。

機械で撒けば楽々なのですが、そんな機材も持っていないので手で撒き撒き。

1本1本の様子を見ながら撒けるので利点はありますが

なかなかの重労働です…。

それと同時に梨園に新入りの苗も植えていきます。

今年は去年、一昨年よりは少なめですが今まで当農園にはなかった新品種を。

この樹が実を付けて皆さんのもとにお届け出来るのはまだまだ先の数年後になります。

それまで大事に育てたいと思います。

そして、苗木を植えるときには去年の落ち葉で作った自家製堆肥を。

これですくすくと育ってもらえれば嬉しいのですが。


去年の落ち葉は…。

せっせと集めた落ち葉をせっせと園外へ持ち出します。

1枚1枚が軽い落ち葉もこれだけの量になると結構な重量。

気を抜くと腰を悪くする作業です…。

この集めた落ち葉の一部を有効利用しようと去年から堆肥作りをしていました。

1年経つとそれなりに良い堆肥になりました。

あれだけあった落ち葉も1年経つと1/5ぐらいの量に。

苗木を植えるときや庭の家庭菜園の畑に利用したいと思います。

今年も一部をまた堆肥作りに回したいと思います。

落ち葉がなくなった畑は掃除し終わったばかりの部屋みたいで

なかなか気持ちいいものです。


落ち葉集め

落葉がだいぶ進んだので冬作業の一つ「落ち葉集め」を開始。

ブロワーでせっせと畑全体の落ち葉を集めます。

葉っぱには病気の菌などが潜んでいる可能性があるので

翌年の為に毎年、落ちた葉っぱを園外に持ち出しています。

たかが葉っぱされど葉っぱ。

集めるだけでも結構な重労働です。

そして今年で役目を終えた樹を伐採。

長年畑を支えてくれたことに感謝です。

来年からは新たな樹を植えてみたいと思います。

そして、薪も新たに補充いたしました。

ご利用の方はお持ちくださいませ。


気候の変化。

雨、雨、雨の日々。

毎日雨なのでなかなか作業が進まず…。

ようやく晴れた週末に一気に作業を進めシーズン終了後すぐ始まる「垣根整理」が終了。

畑を囲む垣根が綺麗になりました。

2度の台風の影響で根こそぎ折れてしまった支柱も修繕完了!

次は「落ち葉処理」の作業を始めなければ。

干し柿用の渋柿も今年は暖冬の影響か遅れています。

いつもならば12月に入る頃には干し始めているのですが。

畑の入り口のもみじもようやく色付き始めてきました。

これもやっぱり例年だともうすでに真っ赤になっているのですが。

台風、長雨、暖冬。

環境の変化とともに作業日程も変化が必要なのかもしれませんね。


薪をお持ち帰る際のご注意。

朝晩は結構な冷え込みで、いよいよ冬を迎える予感がしますね。

前回の投稿の通り今はせっせと植木屋さん。

半分ちょいぐらい進んだでしょうか。

梯子に上っての作業ですので畑を上から見下ろしてます。

紅葉と落葉がどんどん進んでいきます。

「薪、差し上げます」ですが

毎日、ちょこちょこと持って行っていただいてありがたいことです。

ただ、差し上げる薪は通り沿いの畑の角にある竹の棚の上に乗っているものだけをお持ちください。

そこから少し離れた場所にある袋に入ったもみ殻や管理作業に使うために保管している丸太は触れないようにお願いいたします。

恐らく間違えてだとは思いますが防腐剤を塗って乾かしていた丸太を4本が持って行かれてしまいました。

今後お持ちになる方はよろしくお願いいたします。


恒例の植木屋さん。

木曜日にお知らせした「薪差し上げます」ですが

すぐに反応があり、用意していた薪はほとんどなくなってしまいました。

こんなにも早いレスポンスがあるとは、少し驚きです。

そして、ありがたいです。

今は台風15号により倒れた木を薪にしています。

来月中旬頃からは梨の剪定作業が始まると思いますのでそこからは梨の木の薪がご用意できると思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

さて、シーズンが終了して約2週間。

今は梨畑を囲んでいる垣根の管理。

毎年、この時期になると梨屋から植木屋へ転職です。

垣根ではなくネットで囲うことも可能ですが、やはり垣根の方が風や砂から畑をしっかり守ってくれます。

今年の2度の台風から畑を守ってくれたのは垣根の要因も多分にあるかと思います。

管理は大変ですが…。

垣根が綺麗に手入れされていると道行く人が畑を見たときに

「おっ。こういうところが管理されてるところで出来た作物は美味いだろうな」

なんて思ってくれたら…。

なんていう下心もあるとかないとか…。

数か月前まで元気いっぱいに実を成らしていた梨の木も今は紅葉して落葉していってます。

葉っぱが全部落ちるまで植木屋さんとして頑張っていきます!!