shidaraf のすべての投稿

防災ネットの展開

世間ではG.W.

田んぼでは田植え作業が至る所で行われています。

そんな中、梨畑では一大イベント「防災ネットの展開」をやりました。

小さな梨が誕生して新しい枝がぐんぐん伸びてきている今の時期は同時に大気が不安定な時期

強風や雹などが頻繁に起こる時期です。

そしてこれから梨が美味しくなっていくと空から睨みを利かせる鳥たちが現れます。

そういった天災や動物達から畑を守るために畑全体をネットで覆います。

年に一度の大作業。

序盤は高所作業がメイン。

農作業というよりとび職に近い作業が続きます。

あとはみんなで力を合わせて網をどんどん広げていきます。

文章にするとこんなものなのですが実際の作業は結構大変なんです。

途中、大雨に降られたりもしましたが何とか2日かけて終了。

設楽農園特製の梨帽も映えてます。

これからシーズン終了の11月頃までしっかり畑を守っていただきたいです。


美味しいのか??

摘果作業をコツコツ行っています。

この作業は一つ一つしっかり確認しながら行うので

細かいところに目が行き届きます。

そうすると時々現れるのがこんな実。

美味しいのか??

つまみ食いというのか早食いというのか

犯人はこいつです。

バクバク食べていつの間にやらこんなに丸々と大きくなってます。

憎い奴らです…。

そしてやっと雨が降ってくれました。

ずっと気温が高く乾燥した日が続いていて畑はカラッカラになっていました。

そんな中でのしっかりとした雨。

強風はいらないけど雨はありがたい限りです。


オーディション開幕

畑は新緑になり小さな梨の実が次々に誕生しています。

このくらいの大きさになると始まるのが「摘果」という作業。

つまり、美味しい実にになるためのオーデイションです!

一つの蕾から7~8個の花が咲きます。

そしてちゃんと受粉するとその花の下に実が出来ます。

その7~8個の中から一番優秀な子を見極めて他の実を落とします。

この段階でほとんどの実が切り捨てられてしまうのです。

なんとも過酷なオーディション。

ちなみにここで選ばれたからと言って最後まで残るとは限りません。

いわばこれは1次審査。

このあとは1本の枝からさらに優秀な子のみが残されていきます。

地面には落とされた実がたくさん。

皆様のもとに届く梨は合格率10~20%の超難関オーディションを突破した選ばれしエリートなのです。

そんな過酷なオーディションの様子をキジの夫婦が見に来てくれました。

それにしても本当にいい天気の日が続きます。

青空が気持ちいいですが梨のためには雨もしっかり降ってくれないと困っちゃいます。


ちょっとした技術

ここにきて春の暖かさから花冷えという感じで朝夕は寒くなってきましたね。

ちょうど花の時期にこういった寒さがあると霜によって花が凍傷を負ってしまい実が成らないといった被害が続出してしまいます。

まさに今回も全国の果樹農家が「霜にやられてしまった」というニュースや情報を見聞きします。

これからは雹による被害も心配です。

台風以外にも各季節に自然災害の心配が絶えません…。

先月の剪定が終わった頃から「接ぎ木」という作業をしていました。

芽の部分を切り取って幹に差しそこに新たな枝を出すというなんともミラクルな技術です。

実を成らせるには枝が必要です。

だけど人間が思ったピンポイントの場所に枝が生えてくるなんてことはなかなかありません。

ですのでそういったところに枝を作る技術の一つが「接ぎ木」です。

毎年この時期にのみ行う作業ですのでまずは講習会で復習と新たな情報の獲得に。

あとは実践あるのみ!

去年の接ぎ木の成功率は60%ぐらい。

今年は成功率を上げることはできるのか。

今朝方、畑を見回すといい感じに芽が動き始めてくれています。

よしよし!このまま順調に接いでくださいね!


真っ白から新緑へ

蜂たちは頑張って働いてくれました。

今年は花が咲くのが早く慌ただしい春を迎えていますが

蜂たちの頑張りで梨の赤ちゃん達が少しずつ生まれ始めています。

花が完全に散るまではあと3~4日ぐらいでしょうか。

畑の景色も真っ白から新緑に変わりつつあります。

畑の中は蜂や虫たちに任せ

私たちは畑の周り、棚を支える支柱の交換を。

毎年この時期に少しずつ交換しています。

長年文字通り畑を支えてきた支柱。

根元から腐食が進み地中でポキっとなっています。

新しい支柱に交換しこれからもよろしくお願いいたします。

ブルーベリーも花が満開です。

たけのこも畑仕事前に掘っています。

不定期ですが直売所にて販売中です‼


花真っ盛り

4~5年前はまだまだ蕾で「これから咲きますよ~」なんて言っていましたが

去年今年は花真っ盛り!

こんなに早くていいのか⁉と不安ばかり。

「早咲の年は不作」なんて格言が農業界にはありますが

それが当たらないことを願うのみです。

梨畑は白い絨毯を広げたような満開に。

助っ人の働き者「ミツバチ」もやってきてくれました。

本当に働きますよね。彼らは。

頭が上がりません。

僕たちも梵天を片手に受粉作業をしています。

梨は同じ品種では受粉することが出来ません。

ですので同じ園に色んな品種が混在して植わっています。

色んな品種の花粉が風や蜂などの虫によって交配をしていきます。

その補完的な役割で我々も受粉作業をしていきます。

しっかり受粉して美味しい実の赤ちゃんが生まれることを切に願います。

たけのこも不定期ですが直売所にて販売してますのでよろしくお願いいたします。


春の味覚「たけのこ」の販売開始!

あっという間の春到来。

桜も4月を待たずして散り始めています。

そんな中、たけのこがひょこっと顔を出してきました。

掘ります‼

掘ります‼

掘ったたけのこは今年も当農園直売所で販売します。

その日採れた量や畑仕事の関係で販売は不定期になりますが

満開に咲いた梨の花を観るついでに

ぜひお越しください!


次々と開花

剪定作業が終わった梨園では愛宕から順次花が咲き始めています。

同じ梨でも品種によって花の咲く時期が違うのが特徴ですね。

収穫時期が遅い品種ほど早く咲きます。

皆さんが大好きな幸水のように最初に収穫する品種は後から咲きます。

同じ梨でも品種によって花の咲く時期など特徴が違うのは面白いですよね。

花が満開になる前に下草がボーボーになってきたので草刈りを。

当農園の最大にして最古の技術「テデカール」

鎌を片手に手で刈るのみ!

刈った後の樹の周りにもみ殻を撒きます。

除草の意味と保湿の意味を兼ねています。

この時期は本当に日に日に畑の景色が変わっていきます。

これから一気に花が咲き一面真白になるのもそう遠くないと思います。


終わりました!

ようやく終わりました。

そう、今度こそ「剪定作業」が。

去年末から始まった梨農家冬の一大イベント「剪定」

年間作業の1/3を占めます。

果樹の出来不出来に大きく影響を及ぼす作業でもあります。

それだけに各農家さんの腕の見せ所でもあるわけですね。

この作業は木が完全に落葉してから花を咲かせるまでの休眠中に行う作業。

だが近年は温暖化の影響なのか落葉は遅くなり、開花はどんどん早くなります。

結果的に剪定作業ができる時間が短くなってきているということです。

今後はこれが常態化するのでしょうか。

作業自体を大きく見直すことになるのかもしれません。

蕾は日に日に膨らみ当農園では一番早く咲く愛宕の花が咲きだしています。

花が咲かなければ実はなりません。

ちゃんとこうやって花が咲いてくれると少しほっとしますがいよいよ忙しくなるなと気が引き締まる思いです。


春よ、まだ待っててね。

伐採作業が終わり畑の剪定作業に集中できるようになりました。

去年の今頃には既に終えていた剪定ですが

今年はまだ残っています。

これから一気に終わらせます‼

それにしても春になってますね。

九州のほうでは桜の開花が宣言されたとか

東京でももう秒読み段階。

庭の梅も満開です。

梨の蕾も日に日に膨らんでいますし

切れ込みから新しい芽が動き始めてきました。

ここから1~2週間経つと一気に景色も変わっていくのでしょう。

あともうちょっと。

あともうちょっとで終わりますので

春よ、まだ待っててね。