晩成種「愛宕」の紹介

先日、出荷が終わり それと同時に今シーズン頑張って実をつけて

ぐんぐん成長した枝を来シーズンに向けて剪定する作業が始まります。

この作業の様子もこれから徐々にアップしていきますね。

出荷作業は終わってしまいましたが

今回は幸水や豊水、新高とは違い認知度がやや低い晩成種の梨「愛宕(あたご)」の写真を。

image1 (18)

晩成種の一番の特徴としては この大きさ。

圧倒されますね。

ソフトボールより一回り位大きいでしょうか。

image2 (17)

片手で持つことが困難なぐらいの大きさと重量感。

この愛宕梨は保存性にも優れているので収穫が終わった今も、そして

季節が冬に切り替わる11月頃まで味わえます。

冬に味わう梨。

これが晩成種「愛宕」ならではの特徴ですね。
畑の周りから虫の声も少しずつ減り 秋から冬への移行が始まってますね~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください