お正月の恒例行事

毎年1月14日は「どんどれ」という行事が私達の地区では執り行われます。

地域によっては どんど焼き 左義長 鬼火焚き などなど 色々な呼び方がされてます

竹でやぐらを組んで 燃やす

お正月飾りなどを 燃やす

お餅を 焼く!

こんな感じです。

まずはお餅を焼くために必要な栗の枝を確保。

「やりくり上手」になるため らしいです…。

あとは松の葉を用意。

この松を焼いて その枝を玄関に置くと 火除けになるそうです。

なんか、いろいろあるんですね

乾燥した日が続いていたので 着火と同時に勢いよく燃え上がりました。

中には竹がたくさん仕込んであるので バン‼︎バン‼︎と大きな音が

1年の無病息災、平穏無事を祈り

お酒をいただきながら

火を眺めます。

ちゃんと、お餅も焼きましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください