どんどれ焼き

1月14日は毎年、青菅では「どんどれ焼き」を行います。

江戸時代初期から続く歴史と伝統のある小正月の行事です。

竹を組んだ大きなやぐらに火をつけて

無病息災・五穀豊穣を祈願します。

去年、今年とコロナの影響で大々的には行えませんでしたが

大きなやぐらが竹の爆発音とともに燃え上がる姿は迫力満点。

どんどれの火で炙ったお餅を食べて1年の健康を

どんどれの火で炙った松の枝を家の門に立てることで火除けに

コロナが終息し日常がかえって来るように

今年の夏も美味しい梨がたくさん出来るように

しっかり祈願してきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください