shidaraf のすべての投稿

収穫前のメンテナンス

梨の収穫まで およそ残り1ヶ月ぐらい

いよいよシーズンが目の前に迫ってきました。

これからはより一層、大事に用心深く実を観察していきたいと思います。

image1 (12)

そして、それと同じぐらい大事なのは 自分の身体

シーズンに向けてしっかりとメンテナンスをして来ました。

世田谷区用賀にある 鍼灸院「Anchor」さんへ。

ここのオーナーの上野さん。

image10 (6)

鍼灸師、あん摩マッサージ師の資格は勿論、スポーツトレーナーの資格も持ち、過去に 船上鍼灸師として 4年間で50ヶ国に及ぶ国々を巡り腕を磨いてきた方。

確かなマッサージの腕とトレーナーとしての鋭い観察眼。

僕の身体の癖や姿勢、動きの悪さなどを鋭く指摘…

畑仕事で凝り固まった身体をしっかり解きほぐしてくれました。

image8 (6)

家路につく足取りはいつもより軽い(^^)

実はオーナーの上野さん、設楽農園の梨の大ファン‼?だと言ってくれています。

今年も美味しい梨をお届けして恩返しが出来るように精進して参ります。

image12 (5)

豊富な知識と経験、確かな技術をもとに親切に施術を施してくれる鍼灸院「Ancour」 ←詳しい情報は名前をクリックしてください。


収穫まで1ヶ月ちょい!!

ようやく梅雨らしい天候になっていきましたね。

雨の日が続き、雨が降っていなくてもなんかどんより

そして湿度が高くてムシムシ・・・

でも、この梅雨らしい天気がとても大事。

やっぱり雨が降る時期にはしっかり雨が降って

梅雨が明ければしっかり晴れる。

こういう当たり前の天気が大事ですね。

image2 (8)

そして収穫まで1ヶ月ちょいになりました。

今シーズンも設楽農園の梨を

大切な方への贈り物・ご自身へのご褒美

にいかがでしょうか?

設楽農園のPOPが完成しました。

image1 (11)

このPOPを「うちに貼っていいよ」「宣伝しちゃうよ」という方

いらっしゃいましたら、感謝感謝の気持ちでお送りいたします!!

ぜひ、ご連絡ください。

 


二つの「掛け」

6月の半ばになり 実もピンポン玉ぐらいまで膨らみ

実全体の輪郭や表情がハッキリしてきました。

摘心作業も一通り終わり

袋掛け作業に入ります。

image9 (6)

早くに収穫できる幸水・豊水は無袋で育てますが

晩生の新高・愛宕には袋をかけて

外からの刺激から守ります。

image1 (8)

袋をかけながら一つ一つに

「がんばってくれよぉ~」「おいしくなってくれよぉ~」

と心の中で声をかけてあげる。

image3 (7)

「袋掛け」と「声掛け」

この2つの掛けが大事になってくるんですね。

 

梨畑の入り口の木の柱の中で蛇がおやすみしています。

image1 (9)

起こさないようにしないとですね。


この時の愛情がこれからの頑張りに

うちの梨園では

幸水・豊水・新高・愛宕の四種類を栽培しています。

今年、初めて「秋月」を定植しました。

image12 (4)

新たな品種が仲間入り。

梨園にてしっかり実を成らせて収穫するためには

1年目、2年目、3年目・・・

その時に適切な手入れをしないと

長く活躍する樹にはならないのです。

image13 (4)

小さい時にしっかり愛情を注いであげることが

良い樹に 良い実に なる秘訣なんです。

image14 (4)


作業を横目で眺めるやつ

余分な枝の成長ではなく

実の成長にしっかりと栄養が行くようにするため

「摘心」という作業を行っています

image4 (5)

でも、栄養は葉っぱから獲得するので やみくもに切ってもダメなんです

どの枝を切って その枝を残すのか

そんなことを考えながら チョキチョキしている日々です。

そんなことを考えて 作業をしていると

端っこでカサカサと 耳の長い生き物が・・・。

image7 (5)

3月頃はあまり姿を見せなかったのですが

最近は暖かいのか 頻繁に顔を出してきます。


畑を覆うネット。

摘果も終わり実も少しずつ着実に大きくなってきています。

実が大きくなると 病気・害虫 の他に 梨を狙ってくる「害獣」が現れます。

空からと地上からと両方からの攻撃を防ぐために

ネットを張り畑を覆います

image9 (4)

ただ、ネットを張るだけなのですが 畑全体を覆うとなると一日掛かり

業者の方にお願いします。

image11 (4)

朝から始まり 終わったのは夕方。

張り終えた畑を見ると

image14 (3)

いよいよ夏に向けての準備が始まったなぁ~ と思いますね。


あの天敵の痕跡が・・・

4月後半から始めた摘果作業も無事全て終えることができました。

これからは やり残しがないかの最終確認と

摘心(てきしん)と呼ばれる作業を行います。

養分が枝に取られずしっかりと実に行くようにする作業です。

image1 (5)

摘花 摘果 摘心 と 一つの実を大きく甘くするには 手間をかけて かけて かけて 成るものなんですね。

そんな、選ばれしものを台無しにする 梨園最大の敵。

それは カメムシ。

実をこんな風にしてしまうのです。

image2 (4)

放っておくと梨園全滅 なんてことも ありますからね。

葉の裏には なんとも 謎の卵が…

image8 (4)

これは悪さをするのか…


早期発見・早期対策

幸水・豊水 の摘果作業を終え 今日から新高梨の摘果を始めました。

梨の品種によって 同じ作業でも 注意するところが変わってきます。

摘果をしていると こんな実が出てきます。

これは梨の病気。

13179005_1723423821266942_160532540002444799_n

このまま放っておくとそのうち樹全体に そして次から次へと感染していき

園全体が全滅 なんてことも・・・・。

この時期に発見し 早期対策をすることで被害は最小限に食い止められます。

人と同じく 早期発見・早期治療 が大事なんです。

G.W.が終わり日中の気温がどんどん上がってきました。

カエルも畑の日差しが強いのか日陰でのんびりと過ごしています。

image5 (3)


先輩の出動です!

摘果作業を黙々と続けています。

この作業は人海戦術あるのみです!

家族総出で作業に明け暮れる日々です。

image13

摘果作業の良い所は一つ一つ目で見ていくので

細かい所に気づくのです。

「この枝、この葉っぱ 元気ないなぁ~」

「こんなところから新しい芽が出てる」

「なんだ?この虫??」

みたいな発見が毎日あるんです。

こういった早期発見が本当に大事なんですけどね。

そんな感じで見つけた巻き葉になっている葉っぱ。

広げると中にはアブラムシが・・・・!!!!

image15

こやつはエネルギー補給に大事な葉っぱに悪戯をして

梨の育成を邪魔します。

こんな時は テントウムシ先輩に頼るしかないです!!

image12

頑張ってください!先輩!

image14


選ばれしもの

受粉が終わった後は「摘果」になります。

梨は一つの花芽から8個程度の花が咲きます。

image1 (44)

そして、その花に実が付きます。

つまり8個ほどの実が付くのです。

image3 (40)

その中から様々な条件に合った一つを選びます。

これがまた一つ一つ条件が違うので大変です・・・。

根気よく、考えて考えて選別していきます。

image6 (41)

そうやって一つに絞り込んだ実の中から さらに

一本の枝に成らせる最適数に絞り込みます。

つまり、皆さんの食卓に並んだ梨というのは

「選ばれしもの」なんですよ! スーパーエリートなんですよ!

 

この時期になると巧みに こそこそ隠れて悪さをするやつが出てくるんです。

image9 (37)

image1 (46)

みなさんには見えますか? 招かざるお客さんの姿が。