ShidaraFarm のすべての投稿

愛宕の収穫と直売

只今、愛宕の収穫を行っています。

9月の日照が少なかったせいか全体的にまだ少し青みが残っています。

もともと樹の本数が少ないのですが 日に採れる個数もあまり多くない現状です。

img_1497

ですので直売も今まで毎日開店していましたが 今は平日は不定期での開店になっています。

また、その日収穫したものが売り切れ次第終了にしています。

美味しく食べていただけるものだけをご提供したい という思いからです。

ご来園されたお客様にご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。

img_1498

スーパーではあまり並ばない「愛宕」

他の種類とは少し違った食感や特徴が持ち味の梨です。

是非、一度ご賞味ください。

img_1503

 

庭の畑は夏野菜から冬野菜へ切り替わりました。

img_1501

img_1502


新高の終了と愛宕の収穫。

今シーズンの新高の収穫は終了いたしました。

多くのご注文、そして多くの方に足を運んでいただき

本当にありがとうございました。

img_1396

新高の収穫を始めた頃から毎日のように雨が降り続き…

色付きなどに不安がありましたが

例年通りのいい状態の新高が収穫できたのかな

と思います。

「新高」にあまり馴染みのなかったお客様にも

今年は多く宣伝ができたかなと思います。

来シーズンも今年に負けないぐらいの美味しい新高をご用意したいと思います。

img_1364

新高が終わり、いよいよ今シーズン最後の品種「愛宕」の収穫が始まりました。

img_1335

大型の晩生種「愛宕」

img_1365

果肉は真っ白でシャキシャキとした食感。

img_1368

貯蔵性に非常に優れているので 涼しいところに保管しておけばお正月ぐらいまで楽しめます。

保管することで少しだけ甘味が増してきます。

シーズン最後の梨を是非ご賞味ください。

直売での販売をメインとしていますが 発送のご注文がございましたら「CONTACT-お問い合わせ-」からご相談ください。

洋ナシも少しだけ収穫しましたよ。

img_1367


小学校の課外授業

今日は近くの小学校の子供たちが社会科見学に

当梨園を訪れてくれました。

img_1254

農業の仕事は地味で一人コツコツと行う作業ばかり

特に梨園は垣根に囲まれているので外からは何も見えません。

お客様と接する機会もシーズン中の直売の時のみ

こうやって自分達の仕事のことを

お話出来るのはとても嬉しいことです。

img_1306

これを機に少しでも「梨」 そして「農業」について 興味を持ってくれたら最高ですね~‼

お肉でもお魚でも そして野菜でも、スーパーやお店で並んでいる姿しか見る機会がないと思います

でも、そのお店に並ぶ前にどんな状態で作られているのか

そしてお店に並ぶようにするまでにはとても大変な作業があるんだ

というところを知ることが出来たのかな と。

img_1326

今回は私達もとてもいい刺激を受けました。

この刺激を力に変えて より高品質な梨をこれからも作っていきたいと思います。


秋晴れ

ようやく 秋らしい まさに「秋晴れ‼」

過ごしやすい季節になってきましたね~

美味しい梨 10月の秋になっても

まだまだご用意していますよ!

img_1175

img_1181

といっても、そろそろ新高は終了に。。。

天候にもよりますが三連休まではご用意できます。

陽射しもしっかり戻ってきたので いい色に色付いていますよ。

一つ一つしっかり吟味して

直売では自信をもって美味しいものだけをお渡ししています。

もちろんご注文品も!

img_1190

img_1215

少しずつ涼しい季節になってきましたが

美味しい梨を是非、ご賞味ください。

img_1172

冬支度なのか 産卵時期なのか トカゲも丸々太ってきました。

img_1205


新高の最盛期‼

雨がずぅ~~~っと続く日がようやく終わった!?のかな??

陽射しが出てくるようになりました。

やっぱり陽射しがないと梨がしっかり色付きませんし

皆様が梨畑に足を運んでいただく機会も少なくなってしまいます…。

img_1117

長時間かけてじっくり大きく育った新高が

陽射しを受けて

今、まさに最盛期を迎えています!

img_1119

img_1146

味もだいぶノッテきましたよ~

10月の頭はまだまだ収穫できそうです。

「新高まだ食べてないよ~」

「新高って食べたことない」

という方、是非とも最盛期の新高を味わってみてください。

img_1148

畑の中にはまだまだ夏の昆虫達が頑張っています。

img_1153

img_1140

雨続きでどんよりしていたのは人間だけではなかったのでしょう。