「日常」カテゴリーアーカイブ

伐採③

まだまだまだ続きます。

家周りの伐採作業。

ちなみに私は梨屋です…。

いよいよ今回の伐採のメイン「超大型樹木」

こいつを切るということから始まったのが今回の一大伐採作業。

さすがに手作業のみでは難しかったので重機も導入。

なんだか本格的になってきました。

そしていざ、伐採。

緊張感が漂う中、見事ケガも事故もなく終了。

切り口をみるとど真ん中に大きな穴。

樹齢推定150年。

見た目は立派な大木ですか中は腐っています。

大きな台風などが来たらいつ倒れてもいい状態だったのかもしれません。

残り数本伐採したら終了です。

最後まで怪我なく事故なく頑張っていきます!

ちなみに私は梨屋です…。

梨の作業…頑張ってます…でも、春までに間に合うかな…。

剪定…。


伐採②

まだまだ続く伐採作業。

どんどん木が切られていきます。

前回も書いた通り伐採作業の一番大事なところ、一番時間がかかり一番重労働なのは「準備」です。

木を切り倒すためには倒す場所と倒すための作業場所の確保が必須。

その為にひたすら竹を切って切って切りまくります。

竹を「倒して・細かくして・運ぶ」

シンプルでシステマチックな作業ほど重労働。

2日かけてひたすら竹林を整備します。

やれば終わるんですね。

当たり前ですが。

ただ、これはあくまでも準備段階。

これから伐採作業。

まだまだ続きます…。

梨畑での剪定作業も少しずつですが進めてます。

こちらがメインですからね。

頑張れねば。


伐採

梨畑では剪定作業が続いていますが

庭先では伐採作業が続いています。

小さな木ならば1~2日頑張って作業すれば終わるのですが

お相手は20~30m級の超大木。

しかも10~15本。

気が遠くなる作業です。

機械や道具もしっかり用意して。

倒す方向が少しでも狂えば大惨事。

神経も使うので精神的にも疲れます。

何よりも「安全第一」で頑張っていきたいと思います。

大木が倒れる瞬間は凄い音と地響きが鳴り響きます。

伐採がメインの作業に思われがちですが

実は準備に6割、片付けに3割、伐採に1割

こんな感じです。

常に念には念を入れた準備をして伐採後は次の準備に向けた片付けを。

万全の準備と後処理。

何事にも言えることですね。

まだまだ始まったばかりの伐採作業。

これから超々大物が控えています。

頑張らねば…。


無病息災

毎年1月14日はうちの部落では「どんどれ」を行います。

市の指定無形文化財に登録される伝統行事です。

今年はコロナの影響もあり呼びかけも制限し最少人数で執り行われました。

まさに今の時代だからこそ大事な行事なのかなと思います。

「無病息災」

今の状況が少しでも回復へ向かうように祈願してきました。

大きなやぐらが勢いよく燃えて中に仕込んだ竹が爆発する姿は毎度のことながら迫力満点!

最後に松の枝を燃やします。

この枝を家の入口に差しておくことで火災除けになるそうです。

五穀豊穣の願いも込めて今年も無事「どんどれ」を終えることが出来ました。


2021年の幕開け。

新年あけましておめでとうございます。

2021年がスタートしました。

おととしは大型台風直撃、そして去年は新型コロナ。

農業はもちろん日常生活にも大きな影響を及ぼす出来事が続きました。

そんな中でも多くの方の支えの中、梨作りを続けることが出来ています。

感謝です。

今年もまた、予期せぬ事態や出来事が起こるかもしれませんが実直に真面目に梨を作っていきたいと思います。

2021年もよろしくお願いいたします。

今年は自宅の近くにて初日の出を見ることが出来ました。

そして「お正月も美味しく食べれますよ」という謳い文句で販売していた愛宕。

ちゃんとお正月に食べれましたよ。

美味でした!


風物詩

この時期になると田舎の家々の軒下に現れる吊るされた柿。

もちろん我が家もやります。

去年は台風、今年は異常気象により渋柿自体があまり成っていない懸念はありましたが。

それなりに採れました。

あまりしっかり管理していないので伸び放題の樹ですが

今年は大雑把にですが剪定もしておきます。

採った渋柿を選別して

皮をむいて干します。

ようやく冬の寒さが到来。

冷たい北からの空っ風が良い干し柿を作ってくれます。

時間をかけてゆっくりと美味しい干し柿になってください


準備と対策。

雨が延々と続いています。

雨もさることながら毎日のように強風が吹いています。

この強風により枝が折れたり、実が落ちたりと。

今年の6,7月の日照時間は過去10年で下から3~4番目。

雨の多さ、強風による落果や傷、そして日照不足…。

シーズン開幕前に生育に不安が募る日々です。

そして不安といえば今年はコロナウイルスによる感染症。

直売所での対面販売が主になるので

来店してくださるお客様への安全、そして従業員の安全。

すべてが完璧に完全に対策!とまではいかないかと思いますが出来る限りの対策はしていくつもりです。

直売所がオープンするまでの間に収穫準備と別にコロナ対策の準備もしっかりしていこうと思います。

今年も畑の主が顔を出してくれました。


情報共有・交換

先日、県内の梨産地に視察に行ってきました。

同じ県内、同じ作物を作っているのですが

それぞれの環境、人によって個性や違いが出るのがおもしろいです。

また、同じ県内ということもあり共通の課題や問題も抱えています。

近年の異常気象、そして流行の感染症。

そこに対する解決方法なども話をすることも出来、非常に有意義な時間を過ごせました。

情報共有・交換は非常に大事な資産です。

天候が悪い中、迎え入れてくれた園主さんに感謝です。


すくすくと

雨の日が続いたと思ったら暑い日がやってくる。

季節の変わり目なのかコロコロと変わる天候が続いています。

小さかった梨の実は少しずつ大きくなってきています。

このまま何事もなくすくすくと大きくなっていってもらいたいのですが…

なかなかそんな甘くないのが自然です。

出来る限りを尽くして守っていきたいと思います。

ブルーベリーもうまく結実してくれました。

あとは色付くのを待つのみです。

カタツムリものそのそと動き回っています。

梅雨入りも近いのかな。


ゴシゴシ掃除。

3月に接木した場所から続々と枝が伸びてきました。

全部成功!!!

とは言いませんが今年もなかなかの成功率で一安心です。

当園は畑に水を引いているわけではないので

管理作業に必要な水を確保するために貯水槽が設置しています。

これから何かと水が必要になってきます。

ですので年に一度の貯水槽掃除。

藻や泥、葉っぱなどで汚れでしまうのでゴシゴシとブラシで擦ります。

五月晴れが気持ちいい梨畑です。