「農作業」カテゴリーアーカイブ

日々の農作業を綴る日記です

新たな武器

庭の梅も五分咲きといったとこでしょうか。

一度咲き始めると次々と咲き出して気づくと満開となって春になる。

年末から始まった剪定作業もほぼ終わりを迎え 少しゆとりが持てるように。

今年から新たなる武器が導入され今までよりも楽に剪定が出来るように。

片手でも持てる小型のバッテリー式チェーンソー。

太めの枝や幹を切り落とすのに今までは大きなノコギリをひたすら動かしてゼェゼェハァハァ言いながらやっていたのを これがあれば一息に。

バッテリー式なので音も静か。

人間、一度楽を覚えるともう2度と元へは戻れない…

今まで当たり前にやっていたノコギリ作業に もう戻れません。


色々な表情。

2月に入り暖かい日だったり 寒い日だったり

日替わりで季節がコロコロ変わっている感じです。

夕日が綺麗だったり

霧が立ち込めてたり

雪一色になったり

畑が色々な表情を見せてくれます。

こんな感じでどんどん春になっていくんでしょうか。

庭にはフキノトウがぽこぽこと顔を出してきました。

春の足音が聞こえてきました。


雪… そして、また雪…。

先週は雪が降った なんて呑気に書いていましたが

今度は3連休の土曜、月曜に雪が…。

まるで雪国かのように雪が降ってることが当たり前な感じに

雪が止んだ日曜日に剪定を行いましたが

雪国の梨農家さん、果樹農家さんはいつもこんな感じで作業しているんでしょうか

大変そうです。

竹林は雪が積もるとなんだか幻想的な雰囲気。

雪が積もると畑に色んな動物が訪れていることが分かりますね。


雪景色

毎年冬に一回は訪れる雪。

今年もしっかり訪れました。

大雪になってしまうと色々と困ってしまうのですが

このぐらいの雪だと風情があっていいですね。

まったく雨の降らない日が1ヶ月近く続いたのでいいお湿りにもなりました。

庭も畑も白い世界に。

ここから徐々に暖かくなってくるといよいよ春が訪れてくるのでしょうか。

花が咲くまでに終えなくてはならない剪定作業も少しずつ焦りが出てきたかも…。


剪定作業は続くよ…どこまでも…

12月から始まった剪定作業も2ヶ月弱経ちました。

まだまだ続くよ… いつまでも… どこまでも…

最近は冷たい風が強く吹き、暖冬といわれていた冬はどこへやら。

剪定作業をしていると鋭く尖った芽に…

!?

虫が…

これは噂には聞いていましたが「百舌鳥」の仕業ですね。

捕らえた虫を木の枝などに引っ掛ける習性があるみたいです。

保存食にしている、縄張りを示している、などなどいろいろな説があるみたいですが よくわかっていないらしいです。

この習性。

実際に目で見るのは初めてです。

この時期の外作業は夏の暑い日とは違う足先や手先がかじかむ寒い日ならではの大変さがありますね。


新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

2019年の幕開けです。

今年もオンシーズン・オフシーズン問わず1年通して当農園の情報をこのホームページ上でお伝えしていきたいと思います。

昨年同様、設楽農園~ShidaraFarm~をよろしくお願いいたします。

大晦日~正月三が日。

いつもと変わらず畑で農作業。

只今、剪定作業真っ只中。

剪定作業をするともちろん大量の枝が出てくるわけです。

今までもお声がけしてくださった方へお渡ししていましたが

今年もたくさん出た剪定枝を欲しい方は園内にてお声がけください。

暖炉や焚火、BBQなどの薪として活用してみてください。


メリークリスマス!梨畑より。

メリークリスマス!

クリスマスといっても特に特別なことはなく野良仕事に明け暮れています。

先日、畑に堆肥と肥料を撒きました。

夏にたくさん頑張ってくれた樹に「来年もよろしくお願いいたします」という気持ちを込めて撒きます。

大きい機械で撒かずに手撒きです。

機械がないだけですが…。

手撒きは大変ですがその分、樹1本1本を確認しながら撒くことが出来るので必要なものを必要なだけ撒くことが出来ます。

堆肥と肥料を撒き終わったら土の表面を耕します。

これも大きいトラクタがないので 手押しの耕運機で。

これに関しては…

ただただ大変です…。

堆肥・肥料撒きと耕耘作業が終わるといよいよ剪定作業のスタートです!!


自作で循環。

落ち葉を園外にすべて出したわけですが

いつもは焼却処理をしてしまうのですが今年はこの大量の葉っぱを少し生かしてみようと思ってます。

堆肥を作ってみます。

葉っぱを山にして放置しているだけでも時々切り返してみると湯気が立ちます。

しっかり発酵して熱を帯びてます。

ここに微生物の餌となる米ぬかを混ぜて発酵をさらに促します。

あとは様子をみて時々切り返していきます。

その土地で出来たものにはその土地に適した菌や栄養素があります。

ですので、なるべく自分達で還元できる環境を作っていけたらなぁと思っています。

最近、畑仕事しているとほぼ毎回こやつが現れます。

少しわかりにくいかもしれませんが 樹の合間にタヌキがいます。


シーズン後作業第一段階終了。

ようやく垣根の手入れがすべて終了。

綺麗な外観になりました。

そして、お陰様で渋柿も早々に完売となりました。

ありがとうございます!

今年も我が家も干し柿を作り始めました。

この景色が冬の風物詩っていう感じですね。

今年は暖かい日が続いたためなかなか落葉せずでしたが

ここに来てようやくすべて落葉。

それにともなって落ち葉収集もすべて終了。

園内も綺麗になりました!

これでようやく次の作業に移れます。

昨日あたりから急激に寒くなってきて いよいよ冬到来!っていう感じです。

外作業が辛いなぁと感じる季節になりました…。


四季の変化。

朝晩はぐっと冷え込んできましたね。

ただ、日中は11月末とは思えない暖かさ。

長袖を着て作業をしていると汗をかくぐらいの暖かさ。

過ごしやすくてご機嫌なのですが…。

暖かさの影響なのか梨の樹はなかなか落葉しません…。

落葉が遅いと冬の作業が遅れてしまいます。

夏の酷暑もそうですが近年では「暖冬」の影響も各地の梨栽培に影響を及ぼしているみたいです。

温暖化が進み今までの四季というものがなくなりつつあるのでしょうか。

今までの常識を変えていかなければならない時期なのかもしれませんね。

庭木の葉は少しずつ色づいてきました。

1週間でだいぶ雰囲気が変わってきます。

垣根の手入れも半分程度終わりました。

残り半分、気合を入れて頑張ります。