「農作業」カテゴリーアーカイブ

日々の農作業を綴る日記です

日に日に膨らむ。

一日一日と畑に行くたびに梨の花芽が膨らんで行くのが分かります。

一番最初に咲く「愛宕」の花芽はもう花ビラが見えてきました。

本当に早いなぁ

これだけ早いと心配なのは「寒の戻り」

春先は急に冬みたいな寒さがやってくる時があります。

その時に花が咲いていると霜など寒さにやられてしまいます。

と、思っていると案の定、昨日は雪…。

いつもながら天気は容赦ないです。

今年も畑の棚を支えている支柱の交換を

だいぶ老朽化しているので一気に全部交換!!といきたいところですが

さすがにそんなことは出来ないので毎年少しずつ。

長年棚を支え続けていた支柱は根元が腐ってしまってます。

長い間、ご苦労様でした!!


花見のお供に!?

秋に集めた落ち葉をひと冬過ぎたので切り返しました。

少しずつ少しずつ発酵と分解が進んできています。

間に米ぬかを入れ発酵を促します。

たかが落ち葉の集まりですがこれだけの量と水分を含んでいると

かなり重い… 手作業ですので腰とスコップを持つ手のひらが悲鳴をあげてます…。

これから春になり気温が上がってくればどんどん発酵・分解が進んでくると思います。

畑のコンテナにずっと保管?してた愛宕。

家に持ち帰り食べてみました。

冬も終わり春になり梅の花も散り始めた頃に梨を食べる。

梨農家の特権ですかね。

ちゃんと歯ごたえも甘味もあり愛宕のポテンシャルを改めて感じました。

「花見のお供に梨」なんてのも意外にありなのでは…。


剪定終了!!

去年12月から始まった果樹農家冬の一大イベント!?「剪定(せんてい)」

ついに…ついに…本日、すべて終了いたしました‼

冬に葉っぱが落ちてから春に蕾が膨らみ樹が冬眠から目覚めるまでがタイムリミット

毎年「今年は終わるのかな?」「間に合うのか…」という不安とプレッシャーを心の片隅に常に抱えながら過ごしている果樹農家さんは多いのではないでしょうか

特に今年は例年にないほどの暖冬。

締め切りが一気に早まった感じでひやひやしてました。

スタートもスタートで残暑が長引きなかなか落葉しないという感じがここ数年感じます。

温暖化の影響でこれから冬が極端に短くなると梨栽培そのものを根本から見直さなければならないのかもしれません…。

足元を見るとてんとう虫が元気良く動き回っています。

剪定が終わったので開花を迎えるまで色々と準備をして待っていたいと思います。


もう、春は来てる…。

ふと気づくと庭の梅がポツポツと咲き始め

あっという間に満開を迎えつつあります。

こんなに早くに梅って咲いていましたっけ…??

今月の上旬にはフキノトウもポコポコ顔を出していましたし。

もう、春は来ているんですね。

冬は来てましたか??

畑の下草はこんなにも青々と

花も咲かせてます。

まだ、2月ですよ…。

剪定がまだまだ続いていますがこんなにも早くに春が来てしまうと

焦りがでてきます。


梨屋さんて今暇なの??

さて、年も明けて2月も中頃になり

「梨屋さんて今暇なの??」

みたいなお声を時々いただくのですが…

いやいやそんなには暇ではないですよ。

今の時期は「剪定」、いわゆる枝切りをやっています。

木の本数だけ枝を切ったり、曲げたり、縛ったりと結構頑張っているんです。

この剪定作業というのは果樹栽培農家にとっては非常に大事なそして大切な肝になる作業。

色んな考えや技術が垣間見える農家それぞれの腕の見せ所。

今年のこと来年のこと3年後、そして10年後ぐらいのことまでを考えて作業します。

樹形を形作る作業でもあり綺麗に成形されている農園はそれだけ綺麗に管理されている証拠。

自園は… まだまだ修業の身。

勉強しながらコツコツと頑張っています。

「梨屋さんは今暇なの??」

毎日畑で頑張っていますよ!!


暖か「過ぎる」冬。

ようやく冬らしい寒さが時折顔を出してきました。

やはり冬はこうじゃないと。

春にしっかり花を咲かす為には冬の寒さが不可欠‼︎

ただ、この寒さも長く続かずまた暖か「過ぎる」日が来るそうで…

普段この時期の畑はほとんど草は生えていないのですが

なんともまぁ青々と。

ちなみに1年前の今日はこんな大雪でした。

先月は県の果樹(梨)研究発表がありました。

日々新たな発見、技術が出てくる農業界。

アンテナを張って情報はしっかり受け取らないとです。

いつも通り、日々勉強です。


影響は続くよ…。

1月になりましたがなんだか暖かいのか寒いのかよく分からない気候です。

ただ、暖冬なのは確かですね。

この暖冬が梨の開花に影響を及ぼす可能性があります。

去年の台風被害により花芽が付きにくくなってます。

それに続き開花の遅れが出てくると…

シーズンが終わったらリセットされるわけではなく2年、3年と影響を受けるのが農業です。

年末に集めた落ち葉で堆肥を作るべく米ぬかと混ぜ合わせました。

また、今年も1年かけて堆肥にしていきたいと思います。


2019年おしまいです。

堆肥と肥料を撒き終えたので、畑の土を耕します。

手押しの耕運機なのでこれまたなかなか時間がかかります…。

そして、いよいよ始まる長い長い冬のメイン作業「剪定」が始まります。

始める前に復習と予習を。

果樹の農作業は1年に1回ずつしかそれぞれの作業を行わないので復習はとっても大事。

すぐ忘れちゃうので。

近所の梨農家が集まっての勉強会。

毎年、新たな発見があるものです。

今回得た技術と知識をしっかり活かして2020年も梨作りを頑張っていきます!!

今年もいよいよおしまいです。

春の寒さ、長梅雨、大型台風直撃、記録的大雨…

今年は農家さんにとって本当に辛い年に。

「いい勉強をさせてもらった」と気持ちを切り替え、今年の経験をしっかり今後の農業の糧にしていきたいと思います。

2019年本当にお世話になりました!

皆様よいお年を!!!


栄養と苗木。

落ち葉を園外に出した後は

土壌改良のために堆肥を、栄養をの為に肥料を。

機械で撒けば楽々なのですが、そんな機材も持っていないので手で撒き撒き。

1本1本の様子を見ながら撒けるので利点はありますが

なかなかの重労働です…。

それと同時に梨園に新入りの苗も植えていきます。

今年は去年、一昨年よりは少なめですが今まで当農園にはなかった新品種を。

この樹が実を付けて皆さんのもとにお届け出来るのはまだまだ先の数年後になります。

それまで大事に育てたいと思います。

そして、苗木を植えるときには去年の落ち葉で作った自家製堆肥を。

これですくすくと育ってもらえれば嬉しいのですが。


去年の落ち葉は…。

せっせと集めた落ち葉をせっせと園外へ持ち出します。

1枚1枚が軽い落ち葉もこれだけの量になると結構な重量。

気を抜くと腰を悪くする作業です…。

この集めた落ち葉の一部を有効利用しようと去年から堆肥作りをしていました。

1年経つとそれなりに良い堆肥になりました。

あれだけあった落ち葉も1年経つと1/5ぐらいの量に。

苗木を植えるときや庭の家庭菜園の畑に利用したいと思います。

今年も一部をまた堆肥作りに回したいと思います。

落ち葉がなくなった畑は掃除し終わったばかりの部屋みたいで

なかなか気持ちいいものです。