「農作業」カテゴリーアーカイブ

日々の農作業を綴る日記です

成長の早さ。。。

ミツバチの手助けで受粉は終了。

image1 (45)

小さな実が成っていますね。

image1 (44)

image3 (40)

こうなるといよいよ本番が始まるなぁ~ という感じですね。

ミツバチもお返ししたので

昨日は消毒作業を。

image5 (39)

これからは ついた実を選別する「摘果作業」に入ります。

庭に生えている竹の子。

image17 (10)

本当に成長が早いんですね。

こんぐらいだったものが 1週間経つと…

image7 (40)

こんなになってしまった。

この成長スピード 見習いたいものです・・・。


ミツバチぶんぶん。

4月に入り各品種すべての梨の花が満開になってきました。

image10 (32)

梨の花って白くて同じバラ科ってこともあり 桜の花にそっくり。

花見にピッタリですよ!

月夜に光る梨の花はとても綺麗です!

image3 (39)

花が満開になったこの時期は

近所の養蜂所からミツバチをお借りしてきて

「受粉」です。

ミツバチが寝ている夜の間に巣箱を畑に設置。

image1 (43)

太陽が昇って暖かくなると巣箱からワンサカと元気に畑を飛び回っていきます

image4 (39)

人の力もそうですが 自然の力もうまく利用するのが 農業 ですね。

約2週間、ミツバチには頑張ってもらいましょう!

あとは雨が降らないように天に祈ります

暖かくなってくると雑草も青々と生い茂ってくるので

こいつで一網打尽にしてやります!

image8 (37)

意気込みだけは一丁前です。


ようやくです‼︎

やっとこさ 今シーズンの剪定作業も終わりました。

冬からずっと続いていた剪定。

ようやくです‼︎

花芽も大きく膨らみ いつ花が咲いてもいいぐらいに。

image

花が咲く前に剪定も終えることが出来てとりあえずは一安心。

剪定を終えた畑を見渡すとすっきりしてて気持ち良いですね〜

image

虫たちも少しずつ動き出しましたね。

image

長い間、頑張っていただいた梨の木とお別れを。

image

image

切った幹は畑の周りに敷いて 落ち葉が畑の外に飛び散らないように。

畑のものは畑に活用していきます。

image

少しずつ若返りが必要です。

そして、新たな品種を2本植えてきました。

image

大きくなって実を付けるようになるにはあと、4〜5年ぐらいですかね

無事に成長していってもらいたいです。

image

 


動き出して来ました。

桃の花も満開‼︎ 暖かさもぽっかぽか。

image

春爛漫ですね〜

昨年から続いている剪定作業もいよいよゴールが見えてきました。

image

残すところあと十数本。

あと1週間ちょいあれば終われそうですね。

梨の木も春の訪れを感じ 水の吸い上げを始めてきました。

image

花芽も膨らみ始め、着々と梨の木も開花の準備をしています。

image

この準備を邪魔しないように円滑に行えるように手伝ってあげるのが農家さんの役割。

今年もなんとか梨の木の足を引っ張るようなこにはならないですみそうです。

それにしても植物ってほんとうにたくましいですよね。

幹が半分になってもしっかり実を付けるんですから。

image

生命力の強さは人間顔負けです。


若いうちにしっかり決めてあげましょう。

今までの春の暖かさが急に一変。

冬の寒さが再び……..。

作業着も冬仕様に

image

剪定作業をしている手の指がかじかんできます。

でも、本当に辛いのは足の指。

靴下を重ね履きしていても長靴ごしに地面の冷たさが伝わり感覚が麻痺してきます。

それでも今月中に剪定を終わらせるためには頑張れねば。

畑の中には若い木も頑張っています。

image

実は この若い時こそが大事。

この時に この木が将来的にどういう風に枝を伸ばしどのような形にするのかをしっかり決めてあげないと 四方八方に枝を張り巡らし手入れの効率が悪くなってしまいます。

before

image

after

image

自然のものに人の意図を持たせるのが農業なんだなぁと

寒くなっても野うさぎは頑張って畑の中を駆け巡っているみたいですね。

image


今年、デビューするのかな⁉︎

暖かさが続いて もうこの暖かさが日常になっていますね。

image

まさに「春」です。

庭先の梅も花をつけてます。

image

剪定作業は3月いっぱいに終わらせるためにペースをあげて頑張っています。

うちの梨園は私よりも大先輩の樹が多く頑張っているのですが

image

中には新人の若い樹も頑張っています。

この樹は今年で4年目。

image

今年は実をつけてくれるはず。

少しずつ世代交代をして 永続していける梨園を作っていかないとですね。

先週よりもウグイスは綺麗に鳴けるようになっていました。

 


畑のBGM

気候の変化が激しいですね。

畑にも雪が降って少しだけ積もったり 次の日はポカポカ陽気だったり

身体も体調を崩さないように しっかり管理しないとです。

少しずつ春の足音が聞こえてきた ことは前回の投稿にて紹介しました。

その足音の一つ

今週に入り 畑にウグイスの鳴き声が聞こえてきました。

image

ホーホケキョ

他の鳥の鳴き声とは一線を画す ホーホケキョ

どんな音楽よりも春を感じるBGMですね。

 

剪定後の木の影。

image

なんだか芸術性を感じるのは私だけでしょうか


ちょっとずつ春の足音が

今日は暖かいポカポカ陽気。

春っぽい空気に包まれました。

こういう時は仕事もはかどるというもの

image

休憩ものんびり雰囲気で過ごせます。

image

夕日が沈む梨畑も 少し風情があって良いですね。

image

そういえば

剪定した枝を根元にまとめて置いておくのですが

よく見ると

image

⁉︎

無数の歯型が‼︎

これは……..

耳の長いあの小動物の仕業だな!!

冬眠から目が覚めて お腹が空いているのかな。

春の足音が聞こえてきましたね〜


生きていることの実感

ようやく半分ぐらいの剪定作業が終わりました。

ここからは春との勝負!!

開花=リミットです。

少しずつ焦りながら やっていきます・・・。

image11 (26)

前にもちょこっとお話しましたが剪定をしながら枝の方向を人為的に変える「誘引」という作業を行います。

枝に少し切れ目を入れ曲げたい方向に捻じりながら持っていく。

力の入れ方や方向を間違えると「ポキッ」っとせっかくたくさん花芽を持った枝が折れてしまいます。

慎重に行わないとですね。

切れ目を入れて傷が付いた枝。

包帯のようにビニールテープでぐるぐる巻く。

image6 (33)

しばらくしてから外してみると

しっかり元通り。

image3 (32)

image4 (32)

生きているんですね ちゃんと。

自然治癒力

とはまさにこのこと。

植物の生きる力というものを実感させられます。

 

 


単純作業の中の小さな技術

冬の寒さがしっかり続いています。

が、来週辺りから急に暖かくなる という予報も出ています。

しっかりした冷え込みから急激に暖かくなると 「春が来た」と梨の木が感じてしまい 開花準備を始めます。

でも、まだ2月、、、、

1ヶ月早いです、、、

まだ、剪定作業が終わってません….。

image

もうちょっと冬将軍に頑張ってもらわないとです。

剪定作業の一つ、残した枝を他の枝とぶつからないように畑に張り巡らせてある針金に結び誘導させる「誘引」というものがあります。

image

要約すれば ただ紐で枝と針金を結ぶだけ です。

それだけなんです。

けど、結び方もあるんです。

image

image

手先が不器用な私には ただ結ぶだけ に手こずります。

結ぶだけなのでパッパとやらなければならないのですが 手こずります。

この手こずりがあるので  時間がかかります。

やっぱり冬将軍には頑張ってもらわないとです