花真っ盛り

4~5年前はまだまだ蕾で「これから咲きますよ~」なんて言っていましたが

去年今年は花真っ盛り!

こんなに早くていいのか⁉と不安ばかり。

「早咲の年は不作」なんて格言が農業界にはありますが

それが当たらないことを願うのみです。

梨畑は白い絨毯を広げたような満開に。

助っ人の働き者「ミツバチ」もやってきてくれました。

本当に働きますよね。彼らは。

頭が上がりません。

僕たちも梵天を片手に受粉作業をしています。

梨は同じ品種では受粉することが出来ません。

ですので同じ園に色んな品種が混在して植わっています。

色んな品種の花粉が風や蜂などの虫によって交配をしていきます。

その補完的な役割で我々も受粉作業をしていきます。

しっかり受粉して美味しい実の赤ちゃんが生まれることを切に願います。

たけのこも不定期ですが直売所にて販売してますのでよろしくお願いいたします。


春の味覚「たけのこ」の販売開始!

あっという間の春到来。

桜も4月を待たずして散り始めています。

そんな中、たけのこがひょこっと顔を出してきました。

掘ります‼

掘ります‼

掘ったたけのこは今年も当農園直売所で販売します。

その日採れた量や畑仕事の関係で販売は不定期になりますが

満開に咲いた梨の花を観るついでに

ぜひお越しください!


次々と開花

剪定作業が終わった梨園では愛宕から順次花が咲き始めています。

同じ梨でも品種によって花の咲く時期が違うのが特徴ですね。

収穫時期が遅い品種ほど早く咲きます。

皆さんが大好きな幸水のように最初に収穫する品種は後から咲きます。

同じ梨でも品種によって花の咲く時期など特徴が違うのは面白いですよね。

花が満開になる前に下草がボーボーになってきたので草刈りを。

当農園の最大にして最古の技術「テデカール」

鎌を片手に手で刈るのみ!

刈った後の樹の周りにもみ殻を撒きます。

除草の意味と保湿の意味を兼ねています。

この時期は本当に日に日に畑の景色が変わっていきます。

これから一気に花が咲き一面真白になるのもそう遠くないと思います。


終わりました!

ようやく終わりました。

そう、今度こそ「剪定作業」が。

去年末から始まった梨農家冬の一大イベント「剪定」

年間作業の1/3を占めます。

果樹の出来不出来に大きく影響を及ぼす作業でもあります。

それだけに各農家さんの腕の見せ所でもあるわけですね。

この作業は木が完全に落葉してから花を咲かせるまでの休眠中に行う作業。

だが近年は温暖化の影響なのか落葉は遅くなり、開花はどんどん早くなります。

結果的に剪定作業ができる時間が短くなってきているということです。

今後はこれが常態化するのでしょうか。

作業自体を大きく見直すことになるのかもしれません。

蕾は日に日に膨らみ当農園では一番早く咲く愛宕の花が咲きだしています。

花が咲かなければ実はなりません。

ちゃんとこうやって花が咲いてくれると少しほっとしますがいよいよ忙しくなるなと気が引き締まる思いです。


春よ、まだ待っててね。

伐採作業が終わり畑の剪定作業に集中できるようになりました。

去年の今頃には既に終えていた剪定ですが

今年はまだ残っています。

これから一気に終わらせます‼

それにしても春になってますね。

九州のほうでは桜の開花が宣言されたとか

東京でももう秒読み段階。

庭の梅も満開です。

梨の蕾も日に日に膨らんでいますし

切れ込みから新しい芽が動き始めてきました。

ここから1~2週間経つと一気に景色も変わっていくのでしょう。

あともうちょっと。

あともうちょっとで終わりますので

春よ、まだ待っててね。


ミッション完了

ようやく終わりました‼

「剪定作業」

ではなく…

「伐採作業」

剪定はまだ終わらない…。

やばいです。焦ってます。

でも、終わったんです。伐採作業が。

年明けから始まった「20本以上の大木をぶっ倒す」という巨大ミッション。

本日ラスト4本を伐採し見事ミッションコンプリート‼

大きな事故もなく怪我もなく本当に良かったです。

そして丸太もたくさん出来ました。

前回も書きましたが畑横の薪置き場に置き切らない量の丸太がたくさんございます。

もし欲しい方がいらっしゃいましたら「CONTACT -お問い合わせ-」からご連絡ください。

さてさて、私の本業は梨屋です。

本当に終わらせなければならないのは「剪定」

芽が少しずつ動き始めているのでラストスパートかけます‼


春の足音、迫る春。

2月もいつの間にかもう終わり…。

早い!今年に関しては早い!

というのも「剪定」がまだまだ終わらない。

蕾が動き出して花が咲くまでの間に終わらせないといけません。

ですので締め切りが気候によって毎年変わります。

今年は既に河津桜は満開になっており春の訪れが早いそうです。

梅も満開。フキノトウもどんどん顔を出してます。

ここからギアを上げて頑張らねば。

とはいうもののまだまだまだまだ続いている伐採作業。

大木がどんどん切り倒されていくので景色が一変しました。

こちらももう少しで終わりそうなので頑張らねば。

畑横に薪を置いていますが現在、忙しくて例年通りなかなか運び出せていません。

もし大量に欲しいという方は今回の伐採で出た薪が大量にございますので直接ご連絡ください。

連絡方法は「CONTACT -お問い合わせ-」からお願いします。


伐採③

まだまだまだ続きます。

家周りの伐採作業。

ちなみに私は梨屋です…。

いよいよ今回の伐採のメイン「超大型樹木」

こいつを切るということから始まったのが今回の一大伐採作業。

さすがに手作業のみでは難しかったので重機も導入。

なんだか本格的になってきました。

そしていざ、伐採。

緊張感が漂う中、見事ケガも事故もなく終了。

切り口をみるとど真ん中に大きな穴。

樹齢推定150年。

見た目は立派な大木ですか中は腐っています。

大きな台風などが来たらいつ倒れてもいい状態だったのかもしれません。

残り数本伐採したら終了です。

最後まで怪我なく事故なく頑張っていきます!

ちなみに私は梨屋です…。

梨の作業…頑張ってます…でも、春までに間に合うかな…。

剪定…。


伐採②

まだまだ続く伐採作業。

どんどん木が切られていきます。

前回も書いた通り伐採作業の一番大事なところ、一番時間がかかり一番重労働なのは「準備」です。

木を切り倒すためには倒す場所と倒すための作業場所の確保が必須。

その為にひたすら竹を切って切って切りまくります。

竹を「倒して・細かくして・運ぶ」

シンプルでシステマチックな作業ほど重労働。

2日かけてひたすら竹林を整備します。

やれば終わるんですね。

当たり前ですが。

ただ、これはあくまでも準備段階。

これから伐採作業。

まだまだ続きます…。

梨畑での剪定作業も少しずつですが進めてます。

こちらがメインですからね。

頑張れねば。


伐採

梨畑では剪定作業が続いていますが

庭先では伐採作業が続いています。

小さな木ならば1~2日頑張って作業すれば終わるのですが

お相手は20~30m級の超大木。

しかも10~15本。

気が遠くなる作業です。

機械や道具もしっかり用意して。

倒す方向が少しでも狂えば大惨事。

神経も使うので精神的にも疲れます。

何よりも「安全第一」で頑張っていきたいと思います。

大木が倒れる瞬間は凄い音と地響きが鳴り響きます。

伐採がメインの作業に思われがちですが

実は準備に6割、片付けに3割、伐採に1割

こんな感じです。

常に念には念を入れた準備をして伐採後は次の準備に向けた片付けを。

万全の準備と後処理。

何事にも言えることですね。

まだまだ始まったばかりの伐採作業。

これから超々大物が控えています。

頑張らねば…。


千葉県佐倉市で60年続く梨園です。全国に採れたて新鮮な梨をお届けいたします。