二つの「掛け」

6月の半ばになり 実もピンポン玉ぐらいまで膨らみ

実全体の輪郭や表情がハッキリしてきました。

摘心作業も一通り終わり

袋掛け作業に入ります。

image9 (6)

早くに収穫できる幸水・豊水は無袋で育てますが

晩生の新高・愛宕には袋をかけて

外からの刺激から守ります。

image1 (8)

袋をかけながら一つ一つに

「がんばってくれよぉ~」「おいしくなってくれよぉ~」

と心の中で声をかけてあげる。

image3 (7)

「袋掛け」と「声掛け」

この2つの掛けが大事になってくるんですね。

 

梨畑の入り口の木の柱の中で蛇がおやすみしています。

image1 (9)

起こさないようにしないとですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください