若き日の教育と環境。

節分を迎えて暦の上では春に。

春かぁ〜

まだまだ寒いですが…

選定作業が相変わらず毎日続いていますが

2年目、3年目の若い樹の手入れも大事な作業。

若い時の管理が10年20年先を左右する と言われるぐらい大事な作業。

ここで手を抜くと 後々しっぺ返しを喰らうわけです。

人間も果樹も若い時の管理が将来を左右するのかもしれませんね

庭先にはふきのとうが。

やっぱり春なんですね〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください