梨農家の腕の見せ所

2月も半ばを迎えてそろそろ春の訪れを感じさせるものが

庭の梅も準備をはじめているようです。

昨年末から梨畑では「剪定作業」が続いています

毎年シーズン終了後の冬の間に行う大仕事です。

春に花が咲く前に終えなければならないので

着々とリミットが迫ってくる感じとの戦いです。

剪定作業とは大まかにいうと

「春から夏の間に成長した枝の整理」です。

これによって今年、来年、数年後、数十年後の木の形、実の成り具合、成長が決まっていきます。

梨農家、果樹農家の腕の見せ所と言えますね。

「どの枝を切り落とすのか」「来年使う枝の準備を」「ここに枝を配置しよう」などなど

色々と頭を働かせて たくさん手を動かして

黙々と作業に没頭します。

着々とリミットが迫ってます…

…果たして間に合うのか  …。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください