新たなマシンの導入

春から梅雨に入るこの時期、どこの農家さんも頭を悩ませるのが「雑草」

果樹畑ではある程度下草を生やしておくことで乾燥対策や樹への害虫被害の軽減など色々と効果はあるのですが

やはりこの時期の伸びすぎは作業性も含めてあまり良くないですね

そこで今までは草刈り機を背負ってせっせと汗を流しながら丸2日がかりの重労働でしたが

今年はこのマシンがうちの農園に‼

農機ってのは見るからにごっつい姿をしてますね。

機械は良いですよね。疲れもないし文句も言わない ただただひたすら仕事をこなすだけです。

こんな感じなのが

こんな風に

あっという間に。今までと疲れ方も全然違います。

これで草刈りという重労働が中労働ぐらいになってくれるはずです

 

今年もじゃがいもが大量に収穫出来ました!

少し小粒ですが 採りたてを蒸して じゃがバターで早速いただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください