最後の品種「愛宕梨」

いよいよ当農園最後の品種「愛宕(あたご)」の収穫を始めました。

8月の幸水から始まった収穫も10月中旬に入り愛宕に。

肉質はシャキシャキしており果汁も多く程よい甘さに柔らかい酸味があります。

また、愛宕最大の特徴は大きさと貯蔵性です。

直射日光が当たるところ、暖房によって暖められた部屋などを避け冷暗所や風通しの良い場所などで貯蔵すればお正月頃まで保存可能です。

寝かしておくことで酸味が抜けていき甘さを強く感じることが出来ます。

見た目の大きさと貯蔵性の良さでご贈答用にぴったりの品種です。

まだ収穫を始めたばかりなので収量が少ないため発送に少しお時間をいただきます。

インターネットでの販売受付開始は週明けになりますのでよろしくお願いいたします。

当農園最後の品種「愛宕」を是非ご賞味ください。

新高はいよいよ最終盤を迎え完熟になっています。

甘さが爆発しています。

落花生とともに直売所にてご用意していますのでご来園お待ちしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください