ちょっとした技術

昨年末から続く剪定作業。

今もまだまだ続いていますよ。

image

一つの枝を切る時に 「どの芽を残すのか」「どこに向かって伸ばしていくのか」「どこにどのくらいも実を成らせるのか」を3〜4年先のことを見据えて切るのでどうしても時間がかかります。

でも、この剪定が梨園の肝となる作業。

根気よくしっかりと行っていきます。

そして、これは枝の方向を変えた後の写真。

image

ただ曲げるだけだと根元からポキリと折れてしまうので 枝を捻ってねじ曲げる。

その部分をビニールテープで巻いておき 時間が経つと しっかり結合しています。

生命を感じますよね〜

生命といえば 冬になっても 夏の名残りが少し残っていました。

image

今年は暖かい冬が続いています。

庭先の梅も蕾がついてきました。

image

これが咲き始めたらもう春を迎えてしまいます。

もう少し 冬に頑張ってもらわないとですね


2016年が始まりました。

あけましておめでとうございます。

2016年が始まりました。

image

年末年始は少しだけゆっくりしましたが 自然の時間には大晦日も正月も関係ありません。

毎日、毎日、しっかりと成長しています。

年が明けても今の時期は剪定(せんてい)作業が続いています。

image

今年の冬は本当に暖かい!

暖かくて作業するのにはいいのですが やっぱり自然の中では夏は暑くて 冬はしっかり寒い。

春夏秋冬がちゃんとしていることが一番。

冬がちゃんと寒いと虫も死んでくれるし 開花もちゃんと春に迎えれます。

虫が活動して 剪定もままらわないうちに開花なんてことになってしまったら…. 大変です….。

寒くなり過ぎて大雪なんてことになったらそれはそれで大変ですが

適度な春夏秋冬を願うばかりです。

今年もシーズンオフからシーズン中まで 梨の1年を皆様にお伝え出来ればと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

image

 


自然も機械も すごい力

先週から始まった剪定作業。

image3 (27)

もちろん今週も続いていますよ。

冬の間、ずっと続いていますよ。

image2 (28)

その様子は また後日・・・・。

本日も農作業から少し離れて おうちのお仕事

以前、敷地内の木を伐採してもらい根っこを引っこ抜いてもらいました。

image4 (27)

その根っこをチェーンソーで切り落とし 整理する作業を行いました。

根っこと言っても 大きな木を支えていた根っこ。

物凄い重量感です。

image7 (27)

image19 (7)

大人2人でもビクともしません・・・。

植物の力、恐るべし・・・。

それにしても 耕運機、トラクター、芝刈り機、ヘッジトリマー そしてチェーンソー

どんな作業を行う時でも 機械の力 これもまた恐るべし ですね。

作業後にふと蔵の屋根を見上げると これまた恐るべし・・・。

image12 (21)

 

 


農家さんの自産自消。

土の耕が終わりこれから果樹栽培において一番と言っても過言ではない作業 「剪定(せんてい)」の始まりです。

image

この作業についてはまた後日、改めて紹介していきたいと思います。

 

今日は庭先で成っている「柚子」と「柿」の収穫?の様子を。

柚子ってこんなに高い木になるんですね〜

image

長い梯子を使って枝ごと取っちゃいます。

すぐ横に竹を植えとくことで支えにもなるし取った枝を一時的に引っ掛けておくこともできます。

知恵ですね。

image

漬物やお味噌汁などにちょこっと刻んだ柚子を乗っけるだけで香りが楽しめますよね。

渋柿は皮を剥いて熱湯に入れて干し柿に。

image

雨がしばらく降らない時を見計らって庭先に吊るしておきます。

image

時々揉みながら  しばらく時間を置くと

干し柿の出来上がり。

image

柚子も干し柿もお店で購入してしまえばすぐですが  庭に成っているものを自分達の手で食卓に並べる。

こういうのもなかなか粋なことですね〜


畑の土を耕しましょう。

先週、畑全体に籾がらをはじめ各種肥料を撒いていきました。

この作業が終わると次の工程は「攪拌(かくはん)」です。

攪拌とは いわゆる「耕し」ですね。

土を耕運機で掘り起こし肥料が全体に交わるようにする作業です。

普段荷台を繋いでいるトラクターのジョイントを外して 耕運機を取り付けます。

一年に一回の作業なので一つ一つ思い出しながら取り付けていきます。

image

image

私達の畑は木と木の間隔があまり広くないのと 並びが少し複雑なので細かい操作が必要になってきます。

image

image

1年おきに耕す方向を変えて偏りが出ないように。

まっすぐ動かす。

シンプルなことなんですがこれがビギナーな私にはなかなか難しい。

image

image

いつも道端でさり気なく見る畑が綺麗に耕されていますが 農家さんの技術に脱帽しますね。

同じ畑の中にも硬くなっている部分、柔らかくなっている部分と様々。

土の状態を見て感じてひたすら耕運機を押し続けます。

image

image

耕された土はふかふかでとても気持ちいいです。

image

image

2〜3日かけて畑全体を耕していきます。

 


土づくりの始まり

今年は設楽農園にて初めての試みをしてみます。

近くでお米を作っている方からのご厚意で大量の「籾殻」をいただきました。

image8 (22)

籾殻には土壌改良に大きな影響を与えてくれるようです。

今回はその効果を期待して畑に撒いてみました。

image3 (23)

初めての作業なので試行錯誤しながら畑全体にまんべんなく撒きます。

image2 (24)

image5 (23)

image4 (23)

image11 (18)

午後からは「ようりん」「苦土石灰」「肥料」「有機肥料」などなど 各種肥料を手分けして 手作業でまき散らします。

image16 (8)

image12 (17)

image14 (13)

地味な作業なんですが これがなかなかの重労働。

地面ばかりに目がいっていると 低い梨の木に頭を何回も強打することになりますし…。

image13 (16)

これを撒き終えたあとは 畑全体の土を撹拌する作業に入ります。

image17 (5)

来週には出来るかなぁ~


農作業の手助けマシーン

梨の木の葉っぱが7〜8割ほど散ってきたら消毒のタイミングです。

image

今回は 小雨の時の方が雨水の助けもあり木全体にしっかり行き届く との話を聞き

試しにやってみました。

この結果が出るのは来年の夏。

一つの試みの答えが出るのに時間がかかるのは農業ならではのことですね。

この消毒を行う時に使う散布車。

image

image

色んなボタンや色んなレバーやスイッチが付いています。

こういうのって無条件で男の子はテンションが上がって来ますよね。

機械操作は正直僕自身、あまり得意ではないのですが運転してみるとやっぱり楽しいです。

image

午後からは残り僅かの垣根の手入れを行う予定でしたが

思いのほか雨が強くなってきたので中止。

image

天候によって作業予定が常に変わる。

外作業のお仕事では仕方のないことです。

 


自然の力を利用させてもらいます。

北風が冷たく感じはじめ もうそろそろ冬の到来を感じさせます。

梨の木も黄色く色づいて葉もだいぶ落ちてきました。

image5 (20)

そんな中、新芽は少しずつ出てきてます。
一生懸命、木も頑張ってくれていますね。

image2 (21)

今日は3週間前に畑を覆っていたネットを外す際、引っ掛かってしまうぐらい伸びてしまった枝を剪定して天日干ししていたので その枝を集めて畑の横に集める といったもの。

image14 (11)

image9 (18)

なんか、文字にすると地味な作業ですよね・・・。

先週の垣根の手入れの続き 内側の手入れも同時進行で行います。

image3 (21)

畑一面をトラクターで何往復もして畑横の敷地に敷き詰めていきます。

image15 (9)

多少、水分が抜けた枝ですが集めてくるとこれだけの量に。

でも、1年も経つと2割程度の量まで減ってきます。

水分が抜け風や微生物などのおかげでこんな感じに。

image16 (6)

天然の肥しの完成ですね。

自然の力ってのは本当にすごいです。

そういえば畑仕事の帰り道、鶏が一人でお散歩を。

image9 (19)

どこからやってきたのか…。


畑周りを綺麗に

畑の中の手入れは当たり前の作業ですが 意外に大変なのは畑周りの手入れ。

梨畑の周りは3m近い垣根に囲まれています。

防風や防犯などの役割りを果たしてくれています。

image

image

垣根も植物。 1年経つと伸びに伸び、放っておくと道や隣の敷地にまでイタズラを仕出します。

この垣根の手入れをするのが冬になる前の今の時期。

竹の棒で高さを揃えて 何度も何度も横から見て長さを揃える。

image

image

外から見える場所なので綺麗に整ってた方が見栄えがいいですからね。

植木屋さんのようにはいかないですが…

image

刈った後の枝葉はトラクターに詰め込んで 畑の横に敷き詰めます。

時間が経つとこの枝葉が腐食して腐葉土に。

image

image

image

それにしても 最近は素晴らしい秋晴れで 本当に作業のしやすい気候です。

梨の木も葉が落ち 刈った草も藁のように 畑一面を覆い ふかふかの地面になっています。

image

image

 


芝刈り機との格闘

収穫を終えた梨畑。

image11 (13)

梨畑全体を覆っていたネットを外すと

これからは来年に向けての畑の手入れの始まり。

image3 (17)

ネットに引っかかるぐらいにまで伸びた枝を切って

畑の周りを囲む垣根を綺麗に整えて

image1 (19)

そして、

草刈….。

草刈 これは 梨に関わらず農家にとって基本であって、常に行う作業。

日々雑草との格闘ですね。

image2 (18)

image4 (18)

そしてこの作業、なんといっても腰に大きな負担が。

初心者の私は色々なところに力が入ってしまい身体の至る所に痛みが出てきます。

image8 (16)

image6 (17)

まだまだダメですね・・・。

今週は全身の筋肉痛との格闘の日々が待っているのでしょう…。