畑の土を耕しましょう。

先週、畑全体に籾がらをはじめ各種肥料を撒いていきました。

この作業が終わると次の工程は「攪拌(かくはん)」です。

攪拌とは いわゆる「耕し」ですね。

土を耕運機で掘り起こし肥料が全体に交わるようにする作業です。

普段荷台を繋いでいるトラクターのジョイントを外して 耕運機を取り付けます。

一年に一回の作業なので一つ一つ思い出しながら取り付けていきます。

image

image

私達の畑は木と木の間隔があまり広くないのと 並びが少し複雑なので細かい操作が必要になってきます。

image

image

1年おきに耕す方向を変えて偏りが出ないように。

まっすぐ動かす。

シンプルなことなんですがこれがビギナーな私にはなかなか難しい。

image

image

いつも道端でさり気なく見る畑が綺麗に耕されていますが 農家さんの技術に脱帽しますね。

同じ畑の中にも硬くなっている部分、柔らかくなっている部分と様々。

土の状態を見て感じてひたすら耕運機を押し続けます。

image

image

耕された土はふかふかでとても気持ちいいです。

image

image

2〜3日かけて畑全体を耕していきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください